換気

例年とは違いインフルエンザと新型コロナウイルスの両方に気を付けなければなりません。

理化学研究所より記事がありましたので、記載します。

加湿と換気で、コロナと乾燥をダブル対策!「乾燥で飛沫が拡散」

乾燥状態の室内では、理化学研究所が世界最速のスーパーコンピューターウイルスの飛沫化が確認されました。

乾燥の季節、コロナ対策はどうする?

室内の乾燥が気になるこれからの季節。
会話や咳・くしゃみの時の飛沫は、部屋が乾燥していると拡散しやすいようです。

ウィルスまき散らし
温かい部屋にこもりがちになる寒い季節に、新型コロナウイルスの飛沫感染はどうやって予防するべきなのでしょう?

乾燥した部屋は飛沫の量が2倍以上!!
理化学研究所が世界最速のスーパーコンピューター「富岳」で、室内で会話している時の飛沫についてシミュレーション実験を実施。

会話中や咳・くしゃみをしたときなどに口から出た飛沫は、乾燥した湿度の低い部屋では、飛ぶ量が増えることがわかったそうです。
飛沫は乾燥した環境では小さい微粒子になるため、拡散しやすいとのこと。
湿度30%と湿度60%で飛沫の量を比べると、1.8メートル先に届く飛沫の量は『湿度30%が2倍』という結果が出たということです。

湿度は何%にしたらいいの?
湿度が低すぎると飛沫の拡散量が増え、湿度が高すぎると飛沫は下に落ちます。
飛沫の拡散をなるべく防ぐには、部屋の湿度は60%程度にしておくのが適切とのことです。
冬の寒い季節になると、どうしてもストーブやエアコンなどの暖房器具を使う機会が増えてきます。

室内で暖房器具を使用すれば、空気が当然乾燥状態になってしまいます。

湿度が低い時には、なるべく大声で話さない・換気するなどの感染対策を行いつつ、加湿器などを使って湿度を上げるようにすると良さそうです。
反対に湿度が高い時には、机やテーブル、手が触れる場所をアルコールで消毒する回数を増やすなどの対策を取りましょう。との事です!

当社施工の光触媒コーティングでは、メンテナンスが不要で、しかも効果が長期間持続します。
壁や手に触れるところにコーティングしておくことで飛散したウイルスを不活化させる効果が期待できるようになります。
コーティングした箇所にはアルコール消毒など不要です!
個々の意識を高めないといけないと感じました。

光触媒の抗菌施工などお聞きされたい方はお問い合わせください。

また、新築施工や建替、リフォーム・リノベーション、光触媒抗菌施工など、お家の事ならおまかせ(^ν^)
お気軽にお声掛けください。

コロナワクチンが早く広まって安心出来る生活を願って、今年も新築のご成約をされたお客様に感謝を込めて、20万円分のオプションサービス又はキャッシュバックもしくは全室抗菌施工サービスをします。

お問い合わせ心よりお待ちしております。

家工房じゅげむでは 新築工事 リノベーション工事 リフォーム工事全般 抗菌施工 太陽光発電 高断熱 光触媒など家に関する建築・建設業に営んでいます。
住所:大阪府八尾市水越1-69、TEL:072-968-8824 少しでも気になる事があればご連絡お待ちしております。

Powered by RSSリスティング
お家に関して相談する