まるで魔法瓶のようなお家

夏涼冬暖!

冷暖房は最小限に、体にも家計にも優しい家。
何で?と思ったら、

今すぐお電話を!!

必ずお役にたちますよ。

高断熱

最近、高断熱住宅という言葉を耳にするようになりました。以前は寒冷地などで多く取り入れられてきたのですが、近年は、住宅の快適性、省エネ性、自由な間取りが実現できることなどから、アフターコロナの家づくりとしても注目を集めています。

そこで、当社が誇る高断熱住宅の魅力をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

高断熱の家計にも身体にも優しい家づくり

体感温度差

断熱によって同じ温度でも感じる体感が違います!

当社では、住宅の断熱・気密の性能を高め、太陽光発電・空調システム・天然木材を使用する事により、
温度差の少ない快適な住環境をつくることができます。
光熱費などのランニングコストを低減、家の劣化を防ぐことでメンテナンスコストも抑えられます。

気密とは?

断熱点検

高断熱

気密とは、住宅の場合、外気が室内に流入するような隙間がなく、また室内の空気を外に逃がさない状態を意味します。断熱材の隙間も少なくなることで、室温も快適に保ちやすくなります。特に隙間ができやすいのは、壁、天井、窓などの開口部や接続部、パイプ管などを通した部分など。こうした接続部などの隙間を少なくするには、狂いの少ない部材で、建材の接合部分を隙間なくつなぎ合わせる施工が必要です。高品質な建材を使用すること、かつ正確で丁寧な施工作業が必要です。その分の手間や必要なコストはかかりますが、これからの人生の時間を快適に暮らせる住環境、そして将来的なメンテナンスコスト、ランニングコストに与える影響を考えれば費用以上に余りある恩恵が得られることになります。

高断熱とは?

高断熱とは、外壁、屋根(天井)、床などに断熱材を使用したり、窓などの開口部はペアガラスなどの断熱効果の高い建材を使用することで、室内の温度を外に逃がさない状態にすることを言います。例えば、家全体を魔法瓶のように保温できれば、外気に影響されにくく、家の中を適温に保てるようになるわけです。

高断熱住宅のメリット

リビング

冷暖房効率の良さ

高断熱・気密の高い住宅の魅力は、まずは冷暖房の効率が良いことでしょう。高断熱の家は外気の変化に影響されにくく、室内温度を均一に保ちやすいのが特長です。エアコンを使用しない時の室温も維持しやすいので、「夏涼しく、冬暖かい」家になります。なお、エアコンは温度差の解消をする際に最もエネルギーを使うため、自動運転で設定温度を維持するほうが電気の節約がしやすくなります。今話題の全館空調にも高断熱住宅は必須の性能となります。

体感温度の差が少なくなる

高断熱・気密の高い住宅で、日々、実感できるのは体感温度差が少なくなることでしょう。例えば、設定温度20℃で暖房をしたとき、断熱性の低い住宅は、床や壁が冷えているので、体感温度は20℃より寒く感じます。また、気密性が低い住宅は、隙間風によって、部屋ごとに温度差が生じたり、室内でも足音に冷たい空気が広がり底冷えがしてきます。高断熱・気密の高い住宅であれば、室温が維持しやすいため床や壁も冷え切らず、室内の温度差も少なくなるのです。

ヒートショックや熱中症のリスクも軽減

これまでの住宅は、特に真冬の深夜や早朝にトイレや浴室などを使用する時、部屋間の温度差が大きくなりがちで、ヒートショックのリスクが生じていました。冬場に暖房している部屋と廊下やトイレ、浴室などは、温度差が20℃近くも生じることもあります。高断熱・気密の高い住宅にすることで、家全体の室温を安定させ、温度差に起因する血流や血圧の急激な変化をやわらげ、ヒートショックのリスクを軽減できます。また、真夏の外気の熱風の影響を遮り、冷房効率を高め、安定した室温を維持できますので熱中症の予防にもつながります。

換気効率の良さ

気密性の低い住宅は、隙間があることで空気の流れにむらができ、空気や湿気がこもりやすい場所が生まれ、カビなどが発生しやすい環境になりがちでした。高断熱・気密の高い住宅は効率的な換気ができる空気の流れをつくることでカビの発生も抑えることができます。湿気も籠りにくくなるので住宅の耐久性も維持しやすくなり、メンテナンスコストも低減できます。

遮音性も高い

高断熱・気密の高い住宅は、気密性が高まり、断熱材もしっかり隙間なく充填されることで、遮音効果も高まります。周辺環境の雑音を遮り、近所との音のトラブルも低減できるのも安心です。

自由度の高い空間づくりがしやすくなる

昔の住宅は、部屋を小さく仕切ることで暖房の暖かさを保っていました。高断熱・気密の高い住宅は、外壁、天井、窓などからの熱が外に逃げにくいことから、大きな吹き抜け、リビング階段などを設置する大空間であっても快適な室温を保つことができ、開放的な空間づくりがしやすくなります

高断熱・気密の高い住宅で気を付けること

快適な空気づくりのための換気が重要

高断熱・気密の高い住宅で快適な住空間を維持するには、24時間換気が欠かせません。安定した換気や空気の循環ができるため、計画的な換気を行うことができます。換気の際には、外部の塵、花粉などを含む空気を給気しないように、給気口のフィルターで微粒子を除去することができます。より高性能フィルタを設置する場合は、フィルタの掃除や交換など、空調メーカーにメンテナンス方法を確認しておきましょう。

日射を効果的にコントロールする

高断熱・気密の高い住宅では、夏場の強い日差しが室内に差し込んでくると、その熱によって室温が上昇しやすくなります。夏は、直射日光はもちろん、できるだけ日差しを遮るために植物によるグリーンカーテンを設置するといった工夫も効果的です。冬は、暖かな日差しを効果的に取り込み、蓄熱することができれば、より暖房効率が良い暮らしができます。季節に応じて、それぞれの住まいに合った遮光・断熱、採光・蓄熱の工夫を行うと、より快適な住空間づくりができるでしょう。

まとめ

気密の高いとは、住宅の隙間が少なく、気密性が高いこと。高断熱とは、断熱性能が高いこと。高断熱・気密の高い住宅は、冷暖房効率がよく、省エネ住宅を実現することができます。また、広い空間でも効率が良く室温調整がしやすいので、底冷えがする、熱がこもる、といったこともなくなるので、間取りの自由度も高まります。高断熱・気密の高い住宅は24時間換気により空気の換気と対流をさせますのでカビの発生も抑えることができ、耐久性も維持しやすくなります。高断熱・気密の高い住宅を建てるには、適切な建材選びが重要となります。

家工房じゅげむでは
|新築工事|リノベーション工事|リフォーム工事全般|抗菌施工|太陽光発電|高断熱|光触媒|など家に関する|建築業|建設業|に営んでいます。
住所:大阪府八尾市水越1-69、TEL:072-968-8824 少しでも気になる事があればご連絡お待ちしております。

iタウンページ